• トラックに施すラッピングのメリット

    従来はトラックの荷台壁面等にコマーシャルや自社のトレードマーク、社名や住所、電話番号などが塗装されていることがありました。


    近年ではラッピングによる方法でトラックの荷台やボディに宣伝されていることが多くなりました。


    なぜ、多くなったかと言えば、塗装の場合ボディに異なる塗料で上塗りすることになるので、買い替えの際に現状で引き渡すと評価が著しく落ちると言われています。
    他社の名称や宣伝が塗装による表記のあるトラックの転売は非常に難しいです。


    一方でラッピングであれば、剥がして元通りに戻すことも可能です。

    ラッピング加工は専門の業者で行い、剥がすためにも技術が必要となりますが、施すことに比べれば剥がすことは難しくはないです。

    トラックのラッピングの情報が詰まったサイトです。

    ラッピングされていた部分が露出すると新品同様のきれいなボディが出てきます。最初に施工費用が掛かる分、売却時にも高い価格が付くというメリットがあるでしょう。

    トラックは耐久性が高いため、走行距離が高く、年数が経過している車両でも高く売却できることが多いです。



    しかし、車両のキズや塗装が施された状態であれば著しく買取価格が下がります。



    ラッピング加工はボディの状態を新車時同様に保つ役割をも担っていることになります。トラック買取を専門に行う業者は複数あるので、一括査定により複数の業者から見積もりを取り、もっとも高値の査定額をつけた業者と交渉を進めて限界まで買取価格を引き上げることが良いでしょう。